簿記の通信講座を徹底比較しています
簿記3級の通信講座は色々ありますが、 私の独断と偏見で徹底比較してみました。通信講座を申し込む時の参考にしてみてください!!
通信講座の徹底比較へ

[ 4章 ] 債権と債務の処理

スポンサードリンク

  • 貸付金・借入金

    個人間のお金の貸し借りは日常生活で頻繁に行われているように、企業間の取引でも行われています。 企業はその時の資金状態によって取引先にお金を貸し付けることがあります。

  • 未収金・未払金

    < 未 収 金 >
    1章で商品売買の学習をしましたが、企業は商品以外の物を売買することがあります。 商品以外の物とは建物備品土地などです。

  • 前払金・前受金

    商品売買では、内金を受け取ったり支払ったりすることがあります。
    内金とは、買い主が売り主へ商品代金の一部を先に支払い「その商品を購入しますよ」という約束をすることです。

  • 立替金・預り金

    < 立 替 金 >
    取引先、 役員、従業員などに対して一時的に金銭を立て替えたときは、あとで返してもらう権利が発生します。
    このようなときに立替金勘定(資産の勘定) を使用します。

  • 仮払金・仮受金

    < 仮 払 金 >
    帳簿を記入していると、 現金の支出があったのに相手勘定がわからないというときがあります。 現金が減っているのにその理由がわからないという場合があるんです。

  • 商品券・他店商品券

    このページで、[4章] 債権・債務の処理は最後になります。あとちょっとですんで、がんばってくださいね。

    ここでは、商品券を使った取引について学習します。デパートなどが発行する商品券は、 発行元のデパートで現金の代わりとして使う事ができます。