簿記の種類

簿記には単式簿記たんしきぼき複式簿記ふくしきぼきの2種類があります。単式、複式という言葉は帳簿の
記入の方法を示しています。
ここでは、単式簿記と複式簿記について説明します。

< 単 式 簿 記 >
単式簿記はお小遣い帳や家計簿のようなもので、現金を中心に考えます。
入ってくるお金と出ていくお金を毎日記録していき、月末に集計し入金額と出金額の
差額から、月末の現金残高を把握します。

kakeibo.gif

しかし、月末の現金残高を知ることはできますが、11月は参考書にいくら使ったかを知り
たい場合は、再度家計簿を見て参考書の項目だけを電卓を使って計算しなおす必要があります。

また、預貯金などの残高、クレジットカードやローンの残高もわかりません。
つまり単式簿記では結果としての現金の残高を知ることはできますが、その結果にいた
るまでの原因を知るにはとても不便なんですね。

< 複 式 簿 記 >
複式簿記は企業の家計簿と言われ、1度に2つの情報を記録します。
つまり月末の現金残高という結果だけでなく、どのような取引によって現金が増減した
のか、という原因にも着目して帳簿に記録していく方法です。
当サイトでは、この複式簿記を勉強していくことになります。

先ほどの家計簿を原因結果で表すと、

11/3  参考書を現金2,500円で購入
  <原因> 2,500円で参考書(商品)を購入した。
  <結果> 現金が2,500円減った。
10  通信費を現金1,500円で支払う
  <原因> 1,500円で通信費を支払った。
  <結果> 現金が1,500円減った。
16  参考書を現金8,700円で購入
  <原因> 8,700円で参考書(商品)を購入した。
  <結果> 現金が8,700円減った。
25  商品を現金220,000円で売り上げた
  <原因> 220,000円で商品を売った。
  <結果> 現金が220,000円増えた。
26  家賃を現金30,000円で支払う
  <原因> 30,000円で家賃を支払った。
  <結果> 現金が30,000円減った。
になります。

複式簿記では、取引が発生すると借方かりかた貸方かしかたという科目に分けて記帳します。
原因と結果に分けた取引を借方、貸方に分けて表してみます。

日付 借方 貸方
11/3  商   品    2,500  現   金     2,500
10  通 信 費     1,500  現   金     1,500
16  商    品    8,700  現   金     8,700
25  現   金  220,000  売   上   220,000
26  支払家賃   30,000  現   金   30,000

借方を「自分」、貸方を「他人」と覚えると理解しやすいですよ。
例えば、11/3は自分に2,500円の価値がある商品が手に入り、他人に現金2,500円を
渡したといった感じです。

この様に、取引を借方、貸方に分ける処理を仕訳(しわけ)といいます。 複式簿記では、取引が発生するたびに、仕訳を行います。

仕訳については後ほど詳しく説明しますので、ここでは、借方、貸方に分けて記入する 方法を仕訳と呼ぶという事だけ頭の隅において置いてください。

スポンサードリンク

2006年07月22日 07:03

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?