勘定科目

勘定は資産・負債・資本・収益・費用のグループに分類されていると説明しまし
た。このグループをさらに細分化したものを勘定科目(かんじょうかもく)といいます。

勘定のページで資産勘定には現金、商品、建物があると説明しました。この現金や商
品を勘定科目といいます。
取引を帳簿へ記録する時は、性質が同じものを分類して整理、集計します。

これだけだとちょっとわかりづらいですよね、ここで具体的な例を挙げて説明します。

企業が経営活動を行っていくには、様々なものが必要になってきます。
例えば、事務処理をおこなっている人たちなら、シャーペンや消しゴムなどの筆記用具、
プリンターの用紙、クリップ、ホチキスなどが必要ですよね。

これら必要なものを購入した後、帳簿へ記入する時にグループに分類していないとどう
なるでしょうか?
一つ一つ、シャーペン費、消しゴム費、クリップ費、ホチキス費などのように記入しなくて
はなりません。

これでは、帳簿に記入するのも大変ですし、後で帳簿を見たときによくわからなくなって
しまいます。
そこで、シャーペンや消しゴムなどは、事務用品で使うとなくなってしまうという同じような
性質を持っているので、「消耗品費」 という勘定科目(グループ)にまとめてしまいます。

こうすれば、帳簿に記入する際は「消耗品費」と書くだけでいいので楽ですよね。後で帳
簿を見てもわかりやすいです。

「でも、消耗品費だと後で見たときにシャーペンなのか消しゴムなのかわからなくなってし まうんじゃないの」と思った方もいるかも知れませんが、簿記はお金の流れをみるので消耗 品費がなんなのかということは、それほど重要ではないんです。

< 勘定記入のルール >
勘定」 のページにて勘定は集計表だという説明をしました。集計表なので記入をする
ためのルールがあります。それでは、現金の勘定を例に見てみましょう。

(1)取引を勘定の借方と貸方に分類する。
・取引によって現金が増加した場合は、その金額を借方(左側)に記入します。
・取引によって現金が減少した場合は、その金額を貸方(右側)に記入します。

次の取引を現金勘定に記入してみましょう。

商品を2,000円で購入しました (現 金 の 減 少)
商品を1,000円売り上げました (現 金 の 増 加)
銀行から利息を300円受け取りました (現 金 の 増 加)
給料を3,100円支払いました (現 金 の 減 少)
手数料を400円受け取りました (現 金 の 増 加)



このように現金の勘定は、借方(左側)に増加した金額を、貸方(右側)に減少した金額を
記入します。
現金以外にも、商品や売掛金などの資産は全てこのルールになります。

それでは、負債、資本、収益、費用はどのようなルールで記入するのでしょうか?
資産・負債・資本・収益・費用のそれぞれの記入ルールを暗記するだけでは、あとで混
乱してしまいますので下記の方法をオススメします。

まず、貸借対照表と損益計算書の形式を思い出してください。
思い出しましたか?忘れてしまった方は、もう一度、貸借対照表損益計算書のページに戻って思い出してください。


貸借対照表と損益計算書の資産、負債、資本、費用、収益の場所とそれぞれの勘定の増加の位置を 見てください。 同じだということがお分かりでしょうか?



kanjouninyu.gif

例えば、負債は貸借対照表では貸方(右側)にあります。そして、負債の勘定の増加は
貸方(右側)になります。

先ほど説明した、資産は貸借対照表では借方(左側)にあります。資産の勘定を見てみ
ると増加は借方(左側)にあります。 このように貸借対照表、損益計算書の資産、負債、資本、費用、 収益の位置が勘定の増加の位置と一致するようになっています。


これなら、資産の増加は左側、減少は右側とただ覚えるより覚えやすいですよね。

このルールは、これからもよく使いますので、忘れてしまったらまたここに戻って確認してください。



スポンサードリンク

2005年08月04日 15:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?