勘定

勘定とは、取引を記録するための集計表のことです。
勘定は資産しさん負債ふさい資本しほん収益しゅうえき費用ひようの5つのグループに分類されます。これは、勘定の種類と考えてください。

ここで、資産や負債といった新しい用語がでてきたのでそれぞれについて説明します。

< 資 産 >
資産とは、将来企業に利益をもたらす可能性があるもの、または所有していることで企
業の経営活動にとってなんらかの役に立つものをいいます
具体的には、
 ・現  金 : 紙幣や硬貨などの通貨
 ・商  品 : 販売目的で仕入れた品物
 ・建  物 : 事務所や、店舗など
 ・貸付金 : お金を貸し付け、将来返済してもらえる権利
 ・売掛金 : 商品は売り上げたが、代金はまだ未回収状態のこと
        俗に言うツケのこと
などがあります。

< 負 債 >
負債とは、会社が経営活動を行っていく上で他から借りたお金や物のことを言います。
将来返済しなければいけない義務とも言えます。
具体的には、
 ・借入金 : お金を借り入れた際に発生する返済義務
 ・買掛金 : 商品を仕入れたが、まだ代金を支払っていない時に、その代金を支払わな
        ければならない義務
などがあります。

< 資 本 >
資本とは、資産の総額から負債の総額を差し引いた正味の財産をいいます。
具体的には、会社を興した時の出資額とその後の儲けた額になります。
日商簿記検定の3級では、資本は資本金のみになります。

< 収 益 >
収益とは、企業の営業活動の結果生み出された成果のことで、商品を販売したりサービ
スを提供したりして得た収入のことです。難しい言葉でいうと資本の増加をもたらす原因
となるものです。
具体的には、
 ・受 取 利 息 : 預貯金の利息や、国債・地方債・社債などの有価証券の利息
 ・受取手数料 : 取引の仲介などにより得た手数料
 ・商品販売益 : 商品を仕入れた金額よりも、高く販売したことにより得た儲け
などがあります。

< 費 用 >
企業が収益を生み出すためにかかったコストのことで、儲けを得るための代償とも考え
られます。企業が経営活動を行なっていく上で、資本を減少させる原因となります。
具体的には、
 ・給  料   : 従業員に支払った給料
 ・支 払 家 賃 : 店舗や倉庫などの賃借料
 ・支払手数料 : 取引の仲介などにより支払った手数料
などがあります。

ここまでは、勘定の種類である資産、負債、資本、収益、費用について説明しましたが
実際の勘定は、下記の図で表します。



図にも書かれていますが、勘定の左側を借方、勘定の右側を貸方と呼びます。 勘定はアルファベットのTの形をしていることからT型勘定やTフォームとも呼ばれます。


スポンサードリンク

2005年08月03日 21:22

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?