通信のメリット・デメリット

通信講座は、スクール等の講義内容を収録した、CD(カセットテープ)やDVD(ビデオテープ)・ 問題集を使用して自宅で講義を受けながら簿記の学習をしていくスタイルです。
最近は、Web通信講座(e-ラーニング)といったインターネットを利用した通信講座も用意されています 。

それぞれの講座内容を簡単に紹介したいと思います。

CD/カセット 講座
講義内容を収録したCD(カセットテープ)を聴きながら学習をする。

DVD/ビデオ 講座
講義の内容を収録したDVDを利用して、講義を見ながら学習する

WEB通信講座(e-ラーニング)
インターネットを利用して自分のパソコンを使ったオンラインの講座を学習する。


<通信講座のメリット>

好きな時間に好きな場所で勉強できる:
仕事が忙しくて簿記のスクールに通えない、だけど独学では自信がないという人にはぴったりの勉強方法です。
スクールと同じ講義内容を、自宅にいながら好きな時間に勉強できるというのは、忙しい社会人には助かります。
得意な部分はさらっと流し、苦手な部分は時間をかけてゆっくり勉強するといったように、マイペースで学習を進めていけるのも大きなメリットです。


疑問点を質問できる:

通信では、通常、質問をメールで受け付けてくれます。簿記の内容は考えればわかるというものばかりではありません。そういった意味でも、 プロの講師に質問できるというのは非常に心強いです。 質問の答えが返ってくるまでに、他の個所を勉強できるので効率的な時間の使い方ができます。


受験のプロが組み立てたカリキュラムで勉強できる:

簿記検定試験の出題形式を分析し、効率のよい学習方法を研究しているプロの講師が考えたカリキュラムで勉強できるので、 自然と実力が身につきます。


< 通信のデメリット >

強い意志が必要:
通信も独学と同じで基本的には一人で学習します。合格するという強い意志がないと、教材がたまってしまいやる気がなくなる。 そうするとさらに教材がたまってしまうという悪循環におちいり、途中で挫折する可能性が高くなります。


教材の中身を見て判断できない:

いくら素晴らしい教材でも、自分にあっていなければ意味がありません。通信講座の場合、教材は決まったものが送られてくるので、 自分で選べないという不安があります。また、手元に届くまで内容がわからないというのもデメリットです。 通常、通信講座は、無料サンプルを用意しているので、それを取り寄せればある程度の判断はできると思います。


こんな人は通信講座に向いている
合格するという強い意思を持っている。
スクールの講義を好きな時間、好きな場所で受けたい。
独学では不安だがスクールには通えない。
サンプルの教材を取り寄せて、自分に合っているという判断ができた。


通信講座は、けっして安くありませんので、どれが自分にあっているのか慎重に検討する必要があります。


通信講座を徹底比較しています」 のページでは、通信講座の受講料比較通信講座の詳細な情報を紹介していますので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

2005年10月20日 05:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?