簿記の通信講座:クレアール


クレアール

クレアールは、資格受験指導36年の専門スクールで、独自の効率的学習法「非常識合格法」といったコンセプトを取り入れています。


非常識」といった言葉は、 目をひくために、それを狙って使われたりしますが、クレアールの提唱する「非常識合格法」はそうした、 単に目をひくために奇をてらったコンセプトではありません。


< 非常識合格法とは? >

クレアールの非常識合格法では、「合格」という結果に重点をおいています。試験で100点満点を目指すのではなく、合格点(70点以上) を目指す学習法のことです。


具体的には、
 ・ 合格の最低ラインを意識し、皆が解けた問題を確実に解く。
 ・ 難しい問題や細かい論点ができなくても合否に関係ないので切り捨ててしまう。
といった考え方です。


『非常識合格法』とは何か?を動画で解説してくれます。

動画の解説はこちら


ここまで、言い切ってしまうと好き嫌いがはっきりしそうですが、私は、こういう考え方は基本的には好きです。


< クレアールの特徴 >
クレアールでは、合格に必要な部分のみ学習する事で、必要最小限の時間と労力で合格へ導いてくれます。 学習範囲を限定しカリキュラムや教材は必要最小限に凝縮されているので、他校に比べて低価格を実現しています。ちなみにクレアールでは、 入学金はかかりません。


合格のみを目指すというある意味割り切った学習法ですから、合格だけでなく簿記の知識全般を習得したいという方には、 ものたりない内容かもしれません。


クレアールでは、「安・楽・短」をモットーとしています。「安い」受講料で「楽に」学習でき「短期で」合格できる講座を提供しています。


クレアールは、これまでは、大手3校(TAC、大原、LEC)に次ぐ4番手というイメージの学校でしたが、最近では非常に人気が高く、 今最も注目されている学校だといえます。


< 講 座 の種 類 >
クレアールの通信講座には、カセット通信講座DVD通信講座があります。


カセット通信講座は、全て通学コースの授業を収録しています。 聞きながら学習できるので移動中などちょっとした時間でも学習することができます。カセットを聴き、重要ポイントをマスターし、 テキストを見て確認し、問題集を解く。これを繰り返すことでしっかりとした知識として身につきます。


DVD通信講座は、通学コースを収録したDVDを使用して学習する講座です。出題のポイントなども分かりやすく収録されています。


テキスト1冊、問題集3冊を使用して学習をしていきます。


また、クレアールのテキストは、企業研修や大学の講座などで多数採用されています。テキストには、検定試験の配点、確実に合格するために目標としたい点数、 また効率的に得点するコツも示されています


テキストには例題のほか、たくさんの類似問題が並んでおり、それを解くことで問題に慣れ、解く時間を短くできます。



< 気になるサポート体制は?  >


専任講師が添削指導!!

添削指導はこの通信講座を開発した確かな指導実績を豊富な経験を持った 専任講師が担当しています。 添削からは生の講師の声が伝わってきます。


割 引 制 度

クレアールと提携の書店・大学生協等で申し込むと受講料が10%OFFとなります。


ステップアップ割引
ステップアップ割引は、簿記検定講座(3・2級)を受講した方が、さらに上の級の講座を申し込んだ場合、受講料が5%OFFになります。 また、他校で学習した方でも上の級をクレアールで学習する場合は通常価格の20%OFFで講座を受講することができます。


トータルサポート
個別学習相談など、勉強方法からメンタル面まで、 トータルにサポートしてくれるので、受験のことや講座のことなど、すぐに相談できます。こういったサポートがあるので、 初めての方でも安心して受講できます


< お得なキャンペーン情報 >
クレアールでは、2006 7/31までキャンペーンを行っており、割り引き価格で受講することができます。

DVD通信  ¥40,000 ⇒ ¥15,700

カセット通信 ¥22,000 ⇒ ¥18,500


詳しい資料の請求は無料です

 

資格★合格クレアール
今、資格受験業界で話題の「非常識合格法」で超効率的に合格が目指せます!



体験談募集 

「わかりやすい簿記」では、実際に通信講座をご利用された方の感想・体験談を募集しています。賞賛・酷評なんでも結構です。

あなたの素直な意見をお待ちしています。通信講座を選ぶのはとても難しいことです。
あなたの体験談をこれから簿記を学習する人のために、役立てたいと考えておりますので、是非とも教えてください。

体験談の投稿はこちらから

スポンサードリンク

2006年07月18日 07:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?