備考:決算整理仕訳の解説(費用の繰延べ)

それでは、「精算表の記入方法(2) 」の決算整理仕訳について解説したいと思います。

今回は、

(5)家賃の前払分が200円ある。

についてです。


この問題は、費用の繰延べについて仕訳する問題ですね。

問題文の中に、「前払分」 という記述があった場合は、費用の繰延べについての問題と思って、ほぼ間違いないでしょう。


ここでのポイントは、

1.費用の繰延べについて理解しているか?

これだけですね。



それでは、費用の繰延べについて簡単に説明したいと思います。



<費用の繰延べ>
当期に支払った費用金額のうちに、 次期以降の費用とするべき金額まで含まれている場合があります。その次期以降の費用とするべき金額を当期の費用から取り除くことを、 費用の繰延べといいます。


今回の問題を見ますと、「家賃の前払分が200円ある。」ということですから、家賃を一括で支払ったため、 次期分の家賃まで支払っているので、その分を取り除きましょうという感じでしょうね。


費用の繰延べの場合には、前払費用という費用の勘定を借方に記入します。
※前払費用勘定は、仕訳をする際は、前払家賃や前払保険料など具体的な勘定科目で処理をします。


これらを踏まえて、仕訳は次のようになります。


借    方 貸    方
(前払家賃) 200 (支払家賃) 200

 

スポンサードリンク

2006年03月10日 07:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このリストは、次のエントリーを参照しています: 備考:決算整理仕訳の解説(費用の繰延べ):

» Callum Pellyn, from Callum Pellyn,
I would not know what the spirit of a philosopher might wish more to be than a g... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月19日 07:35

コメント

日商簿記3級、6月の試験に向けて猛(?)勉強中のもりりんと申します
仕事の合間などに活用させていただいてますっ♪
とても丁寧でわかりやすく、「参考書なくてもいける?」と思ってしまうくらい(笑)
こんな素敵なサイトに出会えてラッキーです☆
頑張って合格目指しますねっ!!
ありがとうございます。

投稿者 もりりん : 2006年04月14日 17:08

もりりんさん

はじめまして、管理人のマサヒコです。

トラックバックとコメントを頂きまして誠にありがとうございます。

6月の試験を受験されるんですね。

仕事の合間に勉強されているとのことですが、素晴らしいですね。
是非、がんばってください。


>とても丁寧でわかりやすく、「参考書なくてもいける?」と思ってしまうくらい(笑)

そういったお言葉が一番うれしいです。

今後とも宜しくお願い致します。

投稿者 管理人 : 2006年04月15日 09:44

いつもいつもこちらのサイトに助けられております。
本当にありがとうございます。

1点、確認なのですが、
【備考:決算整理仕訳の解説(費用の繰延べ)】の章の
『費用の繰延べの場合には、前払費用という費用の勘定を借方に記入します。」
において、”費用の勘定”とあるのですが、【費用・収益の見越しと繰延べ】
の章では、”資産の勘定”とあるので、前払い費用は、
”資産の勘定”で仕訳するということで宜しいでしょうか。

御確認頂ければ幸いでございます。

投稿者 you : 2006年07月06日 13:46

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?