備考:決算整理仕訳の解説(貸倒引当金)

引き続き、「精算表の記入方法(2)」の決算整理仕訳について解説したいと思います。

今回は、

(2)期末売掛金残高に対し、5%の貸倒引当金を差額補充法により設定する。

についてです。


この問題は、差額補充法による貸倒引当金の金額をを求め、仕訳する問題ですよね。

差額補充法は覚えていますか?

忘れてしまったという方のために簡単に説明したいと思います。



< 差額補充法 >

決算時に貸倒引当金を見積もる際、前期末に設定した貸倒引当金が残っている場合があります。
そのとき、見積もった貸倒引当金と残っている貸倒引当金の差額を補充する方法を差額補充法といいます。


例えば、決算のときに貸倒引当金を20,000円と見積もったとします。しかし、 前期末に設定した貸倒引当金が7,000円残っていたとします。

そのとき、差額補充法では、

20,000 - 7,000 = 13,000円

13,000円の貸倒引当金を設定することになります。



決算整理仕訳で、差額補充法による貸倒引当金の問題が出題された場合、ポイントは、

(1)差額補充法を理解しているか。
(2)貸倒引当金の金額を求めることができるか?
(3)貸倒引当金繰入と貸倒引当金戻入の違いを理解できているか?

の3つになります。


(1)の差額補充法については、大丈夫ですよね。

それでは、(2)の貸倒引当金の求め方について説明します。


貸倒引当金の見積額を求める公式は覚えていますか?

貸倒引当金の見積額 = 売上債権の期末残高 × 設定率

でしたよね。


売上債権の期末残高というのは、期末時の受取手形および売掛金などの金額をいいます。

今回の問題では、売掛金の残高になっていますよね。

それでは、貸倒引当金の見積額を求めてみましょう。


まずは、売上債権の期末残高ですが、問題からは売掛金ということはわかったのですが、肝心の期末残高がわかりません。
この期末残高は、精算表の試算表欄に記載されている売掛金の金額になります。


したがって、53,000円になります。設定率は、5%と記載されていますので、そのまま使用します。

それを踏まえて、貸倒引当金の見積額は

53,000 × 0.05 = 2,650

2,650円になります。しかし、ここで終わりではないですよ。


もう1度、思い出してください。「貸倒引当金は差額補充法により設定する」でしたよね。

ですから、貸倒引当金見積額から貸倒引当金残高の差額を求めなければならないんですね。

貸倒引当金残高は、精算表の試算表欄の貸倒引当金の金額になります。


よって、

2,650 - 1,300 = 1,350

これでやっと、貸倒引当金の金額がわかりました。


ここまでくれば、あと少しです。

それでは、最後のポイントである(3)の倒引当金繰入と貸倒引当金戻入の違いについて説明します。


今回の場合は、貸倒引当金の見積額よりも残高が少なかったですよね。


貸倒引当金見積額: 2,650円
貸倒引当金残高  : 1,300円


この場合は、差額を補充するというのは何度も説明しましたが、仕訳の場合ですと「貸倒引当金繰入」という費用の勘定を使用します。

そして、仕訳は、次のようになります。

 

借     方 貸     方
(貸倒引当金繰入) 1,350 (貸倒引当金) 1,350



参考までに、貸倒引当金見積額が貸倒引当金残高よりも少なかった場合は、「貸倒引当金戻入」という収益の勘定を使用します。

 

スポンサードリンク

2006年03月08日 23:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

20,000 - 7,000 = 17,000円 → ×
20,000 - 7,000 = 13,000円 → ◎

投稿者 通りすがり : 2006年07月12日 12:18

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?