精算表の記入方法(3)

精算表の記入方法も大詰めを迎えました。

前のページでは、決算整理仕訳を行い、精算表の修正記入欄を記入し、借方と貸方の金額が一致していることを確認する手順でしたね。

今回は、損益計算書貸借対照表の記入方法を学習します。

ここからは、仕訳を行うことはないので安心してください。

それでは、どのように記入していくのか見ていきましょう。


③試算表欄の借方・貸方の金額と修正記入欄の借方・貸方の金額を加減算して、収益・費用の金額は損益計算書欄へ、資産・負債・ 資本の金額は貸借対照表欄へ記入します。


ここで重要になるのは、勘定科目を見て、収益・費用・資産・負債・費用のいずれに該当するかを判断できるかどうかということです。


例えば、仮受金は収益・費用・資産・負債・費用のどれに該当しますか、貸付金はどうですか?、それでは貸倒引当金は?

これを理解していないと損益計算書と貸借対照表に正しく記入することができません。


自信がない方は、「日商簿記3級で使用する勘定科目の一覧表」 のページを確認して復習してくださいね。


ここでの学習の流れは次のようになります。

<手順1> 試算表欄の借方・貸方の金額と修正記入欄の借方・貸方の金額を加減算する。
 (1) 修正記入欄に何も記入されていない場合は、試算表欄の金額を損益計算書、貸借対照表のいずれかに記入する
 (2) 試算表欄と修正記入欄の借方同士、貸方同士は、加算する。
 (3) 試算表欄と修正記入欄が貸借逆の場合は、減算する。

<手順2> 勘定科目を確認し、収益・費用の勘定科目ならば損益計算書へ、資産・ 負債・資本の勘定科目ならば貸借対照表へ金額を横にスライドさせた形で記入する。

<手順3> 損益計算書と貸借対照表の借方と貸方の金額をそれぞれ合計し、 借方金額合計と貸方金額合計の差額で当期純損益を計算する。そのとき、 損益計算書の当期純損益と貸借対照表の当期純損益が一致することを確認する。


それでは、手順を1つ1つ学習していきましょう。

<手順1> 試算表欄の借方・ 貸方の金額と修正記入欄の借方・貸方の金額を加減算する。

ここでのポイントは3つありましたよね。一つ一つ見ていきましょう。

(1) 修正記入欄に何も記入されていない場合は、試算表欄の金額を損益計算書、 貸借対照表のいずれかに記入する(ここでも精算表の図を使用しますが、 わかりやすくするために精算表の一部を使って説明します。)

例えば、現金や備品は修正記入欄に何も記入しませんでしたよね。よって、試算表欄の金額がそのまま、損益計算書、 貸借対照表の金額となります。


修正記入欄が未記入なので、現金と備品の金額は、試算表欄の貸方金額を貸借対照表欄の貸方金額にそのまま記入します。現金と備品は、 資産の勘定なので、貸借対照表に記入します。


(2) 試算表欄と修正記入欄の借方同士、貸方同士は、加算する。

今度は、修正記入欄に記入されている場合を見てみましょう。

売買目的有価証券は、試算表欄の借方と修正記入欄の借方に記入されています。 貸倒引当金は試算表欄の貸方と修正記入欄の貸方に記入されています。


売買目的有価証券は、試算表欄と修正記入欄の借方同士を加算し、貸借対照表の借方に記入します。
貸倒引当金は、試算表欄と修正記入欄の貸方同士を加算し、貸借対照表の貸方に記入します。


(3) 試算表欄と修正記入欄が貸借逆の場合は、減算する。

支払家賃は、試算表欄は借方に修正記入欄は貸方に記入されています。

支払家賃は、試算表欄と修正記入欄が貸借逆なので、試算表欄の借方金額から修正記入欄の貸方金額を減算し、 残高を貸借対照表に記入します。今回は、借方金額が残ったので貸借対照表の借方金額に記入しています。


<手順2> 勘定科目を確認し、収益・費用の勘定科目ならば損益計算書へ、資産・負債・ 資本の勘定科目ならば貸借対照表へ金額を横にスライドさせた形で記入する。

これに、関しては<手順1>で解答してますので省略します。


<手順3> 損益計算書と貸借対照表の借方と貸方の金額をそれぞれ合計し、 借方金額合計と貸方金額合計の差額で当期純損益を計算する。そのとき、 損益計算書の当期純損益と貸借対照表の当期純損益が一致することを確認する。

いよいよ、精算表の記入方法もクライマックスです。損益計算書と貸借対照表を記入し、当期純損益を求めて、精算表を完成させましょう。

 


これで、精算表の記入は完成です。

試算表欄、修正記入欄、損益計算書欄、貸借対照表欄の借方と貸方の金額が一致していますね。 当期純利益の金額が一致していることも確認してください。

当期純利益の求め方ですが、損益計算書を例に説明したいと思います。
当期純利益を含めないで、損益計算書の借方金額を合計すると「102,450」になります。一方、貸方金額を合計すると「149,600」 になります。この数値は一致しないので間違えないようにしてください。

この借方金額と貸方金額を減算します。そして、少ない方の勘定に、差額分を当期純利益として記入します。

今回は、差額が「47,150」で、 借方の金額の方が少なかったので、借方に当期純利益を記入します。貸借対照も記入方法を同じです。


ここまで、長々と説明しましたが、これで精算表に関する学習は終了です。お疲れさまでした。

精算表は、一見難しそうなイメージがありますが、決算整理仕訳さえできてしまえば、あとは数字を当てはめていくだけなので、 パズルのような感じで解くことができます。

簿記3級の試験は、制限時間が2時間なので、この精算表をいかに早く、そして正確に解くかがポイントになってきます。
やっていることは、それほど難しくないので落ち着いて考えれば絶対に解けるようになりますので、自信を持って取り組んでください。


精算表の問題は部分点になりますので、最初の問題がわからなければ、次の問題、 それがわからなければさらに次の問題というようにわかるものから解いていくようにしましょう。

最初の問題で考え込んでしまっては、時間がもったいないです。他の問題を解いているうちに、 ふと答えが浮かんでくるということもありますので、わからない問題は思い切って飛ばしましょう。

ここら辺の感覚は、慣れの問題ですので、精算表の問題を数多く解くようにしましょう。

それでは、がんばってください。

スポンサードリンク

2006年03月03日 11:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?