費用・収益の見越しと繰延べ(3)

これまで、費用・収益の見越しと繰延べの概要を説明しました。


このページからは、実際の取引内容と仕訳の方法を費用・収益の繰延べと見越しそれぞれについて学習していきたいと思います。



< 費用の繰延べ >

費用の繰延べは当期の費用に次期の費用が含まれている場合、その次期の費用を取り除く作業です。仕訳では、 次期の費用を前払費用という資産の勘定に振り替えて処理します。


具体的な取引内容を見ていきましょう。


当期は、xx年1/1~12/31までの1年間とし、11/1に保険料(1年分)24,000円を現金で支払った。


まずは、この取引を図にしてみましょう。



保険料1年分24,000を支払ったということは、1ヶ月の保険料は、2,000円になりますよね。


24,000 ÷ 12 = 2,000円


つまり、当期分の保険料が4,000円で次期分の保険料が20,000円になります。ということは、 次期分の保険料20,000円を前払費用に振り替えればいいわけです。

 

借   方 貸   方
(前払費用) 20,000 (支払保険料) 20,000

※前払費用は、 テキストによって前払保険料や前払地代といった勘定を使用していますがどちらでも問題ありません。

 

< 収益の繰延べ >

収益の繰延べは、当期分の収益に次期分の収益まで含まれてしまっている場合に次期分の収益を取り除く作業のことです。仕訳では、 前受収益という負債の勘定に振り替えて処理します。


それでは、取引の内容を見てみましょう。



 当期は、xx年1/1~12/31までの1年間とし、当期の9/1に受取手数料(1年分) 36,000円を現金で受け取った。


図で表してみましょう。



当期の9/1に手数料1年分36,000円を受け取っているということは、1ヶ月の手数料は3,000円ですよね。


36,000 ÷ 12 = 3,000円


次期分の手数料24,000円を前受収益に振り替えれば、当期の収益のみを記録できますよね。
 

借   方 貸   方
(受取利息) 24,000 (前受収益) 24,000


※前受収益は、テキストによって前受手数料、 前受地代といった勘定を使用していますがどちらでも問題ありません。


 

スポンサードリンク

2005年12月20日 07:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?