簿記の通信講座を徹底比較しています
簿記3級の通信講座は色々ありますが、 私の独断と偏見で徹底比較してみました。通信講座を申し込む時の参考にしてみてください!!
通信講座の徹底比較へ

[ 9章 ] 決算(2)

スポンサードリンク

  • 固定資産と減価償却費(1)

    えんぴつや消しゴムなどの消耗品は、使いきってしまえば価値がなくなりますよね。しかし、建物や車両、備品などの固定資産は、 時間の経過や使うことによって古くなっていき、すこしづつ価値が減少していきます。


  • 固定資産と減価償却費(2)

    このページでは、減価償却費の仕訳について学習していきます。


  • 固定資産と減価償却費(3)

    固定資産は不要になったり、耐用年数をすぎて使用できなくなったりした場合は、売却することがあります。

  • 費用・収益の見越しと繰延べ(1)

    決算の目的の一つに、経営成績を明らかにするということがありました。そのためには、会計期間(1年間) の収入と費用がきちんと記録されていなければいけません。

  • 費用・収益の見越しと繰延べ(2)

    前のページでは、繰延べについて学習しました。


    もう1度おさらいすると、繰延べとは、その年度に属さない費用を先に支払ったり、その年度に属さない収益をすでに受取ったと記録した場合、 それら属さない費用・収益を取り除いて調整することでしたね。

  • 費用・収益の見越しと繰延べ(3)

    これまで、費用・収益の見越しと繰延べの概要を説明しました。


    このページからは、実際の取引内容と仕訳の方法を費用・収益の繰延べと見越しそれぞれについて学習していきたいと思います。

  • 費用・収益の見越しと繰延べ(4)

    このページで、「費用・収益の見越しと繰延べ」は最後になります。あと少しですのでがんばりましょう!!


    それでは、最後のトピックとなります、費用・収益の見越しを学習していきましょう。

  • 有価証券の評価替え

    株式会社が発行する株式や社債、国や地方公共団体が発行する国債・地方債を有価証券(ゆうかしょうけん)といいます。 有価証券の内容についてはこちらをご覧ください。