消耗品の決算整理

このページでは、「消耗品の決算整理」について学習します。


消耗品(しょうもうひん) とは聞いた事があるような、ないようなといった感じの言葉ですが、まずは、 消耗品について説明したいと思います。


消耗品とは、会社で使用するもので、1回限りで使ってしまうもの、もしくは、長い期間、繰り返し使用できないものを指します。


具体的には、ポールペンや鉛筆などの筆記用具、コピー用紙や封筒・便箋などがこれにあたります。


簿記では、この消耗品を購入した時に、「資産」として処理する方法と「費用」として処理する方法の2通りがあります。

では、それぞれの方法を見ていきたいと思います。


まずは、「資産」 として処理する方法を見ていきましょう。


資産として処理をする方法
消耗品を購入した時に、資産として処理する場合は、消耗品勘定(資産の勘定)を使用します。

具体的な取引内容と仕訳をみてみましょう。


消耗品30,000円を購入し、代金は現金で支払った。


借   方 貸   方
(消耗品) 30,000 (現 金) 30,000

 

消耗品という資産が増えたので、借方に記入します。


ここまでの説明は、消耗品を購入した時のお話ですよね。では、消耗品を使った時はどうなるのでしょうか?


消耗品を使ってしまった場合は、決算の時に「消耗品費勘定」という費用の勘定で処理をします。


資産として処理をする方法といっておきながら、費用の勘定が出てきたので混乱してしまうかもしれませんが、これだけは覚えてください。


もう1度、説明しますね。
消耗品購入時に資産として処理をした場合、使ってしまった分は、 消耗品費勘定で処理をする


では、取引内容と、仕訳を見ていきましょう。


消耗品の期末未消費高は、10,000円である。(当期買入高 30,000)


借   方 貸   方
(消耗品費) 20,000 (消耗品) 20,000


この取引内容は、注意が必要です。これは、実際の試験に出た問題の類似問題なのですが、 「期末の未消費高」という言葉が出てきましたよね。


これは、「使っていない消耗品はこれくらいありますよ」ということなのですが、先ほどの説明を思い出してください。


「消耗品購入時に資産として処理をした場合、使ってしまった分は、消耗品費で処理をする」


そうなんです。使ってしまった分を消耗品費で処理をするのに、問題では使っていない分はいくらです。という風に出題されるんです。なので、 問題を見た段階で数字が出ているからといって、
 

借   方 貸   方
(消耗品費) 10,000 (消耗品) 10,000

 

と書くと間違いです。

まずは、使用した分はいくらなのかを求めなくてはいけないんです。

  30,000 - 10,000  =  20,000
 買入高    未消費高   使用した分(消耗品費)
 
 という式になります。 これは、注意してくださいね。


次は、消耗品を購入した時に「費用」 として処理をする場合を見てみましょう。


費用として処理をする方法
消耗品を購入した時に、費用として処理する場合は、 消耗品費勘定 (費用の勘定) を使用します。


先ほども、消耗品費勘定は出てきたので、混乱しないように気をつけてくださいね。


それでは、取引内容と仕訳を見ていきます。

消耗品30,000円を購入し、代金は現金で支払った。

 

借   方 貸   方
(消耗品費) 30,000 (現  金) 30,000

 

消耗品費という費用が発生したので、借方に記入します。


資産で処理をした場合は、 決算時に使った分を消耗品費で処理をしましたが、今回のような費用で処理をした場合は、決算時に「未使用分 (使っていない分)」 を消耗品勘定に振り替えます。


 先ほどとは、考え方が逆になるんです。非常にややこしいのですが、なんとか覚えてください。 それでは、 取引内容と仕訳を見ていきます。


消耗品の期末未消費高は、10,000円である。(当期買入高 30,000)


借   方 貸   方
(消耗品) 10,000 (消耗品費) 10,000

 


この仕訳は、問題ないですよね。未使用分を消耗品に振り返るので、取引内容をそのまま仕訳すればOKです。


これで、消耗品の決算整理は終わりになりますが、少しややこしかったので最後にまとめてみます。

  消耗品を資産で処理する場合 消耗品を費用で処理する場合
購入時 消耗品勘定 消耗品費勘定
決算時 消耗品費勘定(使用分) 消耗品勘定(未使用分)

スポンサードリンク

2005年11月08日 07:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このリストは、次のエントリーを参照しています: 消耗品の決算整理:

» Jordan Rowley from Jordan Rowley
Worry a little bit every day and in a lifetime you will lose a couple of years. ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月18日 17:02

コメント

消耗品の処理の「費用として処理をする方法」がまったくわかりません。「この仕訳は、問題ないですよね。未使用分を消耗品に振り返るので、取引内容をそのまま仕訳すればOKです。」とありますが、問題ありありです。なっとくできないです。助けてください。

投稿者 樋口 : 2006年01月10日 15:42

上記の内容に誤りがあるようですので、ご確認いただければ幸いです。

消耗品費 30000|現金 30000 で購入した場合の期末仕訳で
消耗品 20000|消耗品費 20000 となっていますが、
未使用分の金額になると思いますので、10000ではないでしょうか。

投稿者 ムーミン : 2006年03月31日 14:22

上記の内容に誤りがあるようですので、ご確認いただければ幸いです。

消耗品費 30000|現金 30000 で購入した場合の期末仕訳で
消耗品 20000|消耗品費 20000 となっていますが、
未使用分の金額になると思いますので、10000ではないでしょうか。

投稿者 ムーミン : 2006年03月31日 14:23

ムーミン様

この度は、ご指摘いただきまして誠にありがとうございます。
ムーミン様のおっしゃる通りでございます。

消耗品 10000|消耗品費 10000 
に修正いたしました。

「混乱しないように気をつけてください」と言っておきながら自分で間違えてしまいました。

お恥ずかしい限りです。

ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございませんでした。

今後とも何かお気づきになりました際は、ご指導頂けると幸いでございます。

ムーミン様、この度は誠にありがとうございました。


今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者 管理人 : 2006年04月04日 06:50

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?