資本金

この章では、資本金や仕訳を間違えたときに行う訂正仕訳について学習します。

< 資 本 金 >
資本については、勘定のページでも少し触れましたが、 ここではもう少し詳しく学習していきます。

資本とは、資産の総額から負債の総額を差し引いた正味の財産をいいます。具体的には、 会社を興した時の出資額とその後の儲けた額になります。日商簿記3級では、資本を具体的にあらわしたものを資本金といいます。


会社の設立には資本金が必要です。事業規模が小さい個人商店などであれば,経営者自らが必要な資金を全額出資(用意)することもあります。 会社設立のために用意した資金が、借入れたものでなければ(返済する必要がなければ)、資本金になります。


経営者が、出資することを元入れ(もといれ) といいます。例えば、経営者が200,000円出資したといった時は、「200,000円元入れした」 となります。


それでは、元入れした場合の仕訳を見てみましょう。


現金200,000円を元入れして営業を開始した。

借   方 貸   方
(現 金) 200,000 (資本金) 200,000

 

ここでよく間違いやすいのが、現金を出資しているのだから、現金は減るんじゃないの?ということです。
確かに、出資した側(経営者)は、現金が減ります。その場合だと200,000円減る事になるので、 現金勘定の貸方に記入したいところですよね。

借   方 貸   方
(出資金) 200,000 (現 金) 200,000



しかし、これは経営者側から見た仕訳ですよね。


最初の仕訳は、経営者側ではなく、会社側からみた仕訳になります。
つまり、会社は経営者から現金200,000円を受けているので、現金が増えているということになります。


通常、元入れに関する問題は、会社側から見た仕訳になるので気をつけてください。


個人商店では、経営者が自分のお店のレジからお金(資本)を持ち出して使うこともあります。個人商店の場合は、 経営者自身が出資者なのでお金を持ち出しても問題ありません。


しかし、株式会社の場合は、株主から出資を受けて成り立っています。株式会社の経営者や社長は「株主からの信任を受けて会社を経営している人」 に過ぎません。 なので、個人商店のように勝手に資金を持ち出すことはできません。


個人商店の経営者が、資金(資本)を持ち出すことを資本の引き出しといいます。
資本の引き出しは、資本金勘定で処理する方法と引出金勘定で処理する方法があります。


資本金勘定で処理する方法


資本を引き出すと元手が減るため、資本金勘定の借方(資本の減少)に記入します。


店主が、私用のため現金30,000円を引き出した。

借   方 貸   方
(資本金) 30,000 (現 金) 30,000


持ち出したお金をお店に戻した場合は、元手が増えるので資本金勘定の貸方(資本の増加)に記入します。


店主が以前、引き出した現金30,000円を返金した。

借   方 貸   方
(現 金) 30,000 (資本金) 30,000


引出金勘定で処理する方法


資本金の引出しを行なう場合、資本金勘定で処理をしましたが、頻繁に引出しを行なう場合は、引出金(ひきだしきん)勘定を使用します。


引出金勘定は、一時的に用いられる勘定科目で、決算のときに引出金勘定の残高を資本金勘定に振り替える。
詳しい内容については、決算の章で説明します。


ここでは、資本金の引き出しを頻繁に行う場合は、資本金勘定ではなく、引出金勘定をつかうということだけ覚えておいてください。


それでは、取引と仕訳を見ていきましょう。


店主が、私用のため現金30,000円を引き出した。

借   方 貸   方
(引出金) 30,000 (現 金) 30,000


この取引は、資本金勘定で処理した場合の取引内容と同じものです。
資本金勘定ではなく、引出金勘定になっています。資本の引き出しを引出金勘定で処理する場合は、借方に記入します。


返済をしたときは、引出金の返済として引出金勘定の貸方に記入します。


店主が以前、引き出した現金30,000円を返金した。

借   方 貸   方
(現 金) 30,000 (引出金) 30,000

スポンサードリンク

2005年10月11日 21:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

単刀直入で恐れ入りますが、質問させてください。

引当金は資本のマイナス勘定とこちらのHPに書いてありますが、
借方に引当金を書いたら引当金の増加、貸方に書いたら引当金の減少と捉えてよろしいのでしょうか?

もし私の申し上げることが本当ならばLECの「10日で合格る!日商簿記3級最速マスター 第2版補訂版」の38ページの資産の勘定に書いてある貸倒引当金や減価償却累計額のように資本の勘定に書いてある引出金の前に三角印が付かなければダメなのではないでしょうか?
 

投稿者 高橋 庸一 : 2006年05月20日 17:04

高橋 庸一 様

この度は、ご質問を頂き誠にありがとうございます。
ご返事が遅くなりまして、申し訳ございませんでした。

ご質問の件ですが、「引当金」と書かれているのは、おそらく「引出金」のことだと解釈してご返答させていただきます。

高橋様のおっしゃる通り、引出金は資本のマイナス勘定なので、借方に引出金を書いたら引出金の増加、貸方に書いたら引当金の減少ということになります。


「10日で合格る!日商簿記3級最速マスター 第2版補訂版」の件ですが、今、知り合いに本を貸しているため、確認できないので、本屋などで確認してみます。

申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

マサヒコ

投稿者 管理人 : 2006年05月27日 04:38

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?