商品券・他店商品券

このページで、[4章] 債権・債務の処理は最後になります。あとちょっとですんで、がんばってくださいね。

ここでは、商品券を使った取引について学習します。デパートなどが発行する商品券は、 発行元のデパートで現金の代わりとして使う事ができます。

皆さんもデパートで、商品券を使って買い物をしたことありますよね。ここでは、 商品券を発行する側のデパートの立場にたってみていきたいと思います。

デパートでは、サービスカウンターなどで商品券を販売していますが、商品券を販売した場合、売上勘定ではなく、 商品券勘定という負債の勘定で処理をします。

どういうことかというと、商品券を販売した場合、あとでお客さんがその商品券を使って、商品を購入しますよね。

つまり、 デパートは商品券が売れれば売れるほど、 あとでお客さんに商品を引き渡す義務(債務)が増加していくことになります。 こういった義務を処理するために商品券勘定を使用します。

商品券勘定の処理は、商品券を発行したときと商品券を受け取ったときの2つのケースがあります。

商品券を発行したとき :
山下デパートは商品券10,000円を発行し、現金で受け取った。

借   方 貸   方
現 金 10,000 商品券 10,000


商品券を発行したときは、あとで商品10,000円を引き渡す義務が生じるので商品券勘定の貸方(負債の増加)で処理をします。


当店発行の商品券を受け取ったとき :
山下デパートは商品10,000円を売り上げ、代金は当店発行の商品券で受け取った。

借   方 貸   方
商品券 10,000 売 上 10,000


商品を販売した時点で、商品を引き渡す義務が消滅するので、商品券勘定の借方(負債の減少)で処理をします。 このとき初めて売上という収益が発生します。


< 他 店 商 品 券 >

簿記では、単に商品券といった場合、当店で発行した商品券のことを指します。商品券には、 全国百貨店共通商品券などのように自分以外のデパートが発行した商品券もあります。

他店の商品券を受け取って商品を販売した場合、他店商品券勘定という資産の勘定で処理をします。これは、 あとでこの商品券を発行元のデパートに買い取ってもらうことができるからです。

他店商品券の処理は、他店商品券を受け取ったときと他店商品券を精算しときの2つのケースがあります。


他店商品券を受け取ったとき :

山下デパートは商品20,000円を販売し、代金は石見デーパートが発行した商品券を受け取った。

借   方 貸   方
他店商品券 20,000 売 上 20,000


他店商品券を受け取った場合、発行元に商品券を買い取ってもらう権利が生じるので他店商品券勘定の借方(資産の増加)で処理をします。


他店商品券を精算したとき :

山下デパートは、石見デパートに商品券の代金を請求し精算した。

借   方 貸   方
現 金 20,000 他店商品券 20,000


他店の発行した商品券を精算した場合、他店商品券勘定の貸方(資産の減少)として処理します。

これで、4章は終わりになります。少し、ややこしい内容の章だったかもしれませんが、繰り返し学習をし、理解を深めていってください。

次回からは、有価証券について学習します。いくつか公式がでてきますが、それほど難しくないのでじっくりと学習していきましょう。

スポンサードリンク

2005年09月24日 08:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

商品券を販売したときは「仕訳なし」なんでしょうか?
商品券を発行したときは借方(資本金)×××(商品券)×××になるんじゃないんですか?

投稿者 小夜子 : 2006年05月11日 16:22

小夜子様

この度は、コメントを頂きまして、誠にありがとうございます。

ご質問の件ですが、商品券を販売したときの仕訳は、

商品券を発行したときがそれにあたりますので、
借方(現金) 貸方(商品券)
になります。

また、商品券を発行したときは、
借方(資本金)×××(商品券)×××
になるのでは、というご質問ですが、商品券を販売するということは、お客さんからしてみれば、
まだ、商品を購入していないのに、お金を払っている状態ですよね。

つまり、商品券を購入することで、その金額の商品を購入しますよという契約をしている
ことと同じ状態になります。

この考え方は、前受金を思い出して頂ければ、わかりやすいと思います。

前受金については、こちらをご参考ください。
http://www.get-boki.com/archives/27/33/000066.html

借方に資本金を記入してしまいますと、会社のお金を勝手に引き出しているということに
なってしまうので、借方に資本金ということにはならないんです。


ご理解いただけましたでしょうか?

今後ともよろしくお願いいたします。

マサヒコ

投稿者 管理人 : 2006年05月16日 05:28

はじめまして。
いつも勉強させていただいております。
ところでこのページの仕訳は勘定にカッコがついていませんが、どうしてでしょうか。
(現金)10,000  (商品券)10,000
となるのではないでしょうか。

投稿者 モー子 : 2006年09月04日 10:49

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?