仮払金・仮受金

< 仮 払 金 >
帳簿を記入していると、 現金の支出があったのに相手勘定がわからないというときがあります。 現金が減っているのにその理由がわからないという場合があるんです。

これだけ書くと、お金を勝手に使い込んでいるような悪いイメージを想像してしまいますが、そうではありません。

例えば、従業員が出張に行く際、旅費などの出張費を渡します。そういった場合、出張先でいくら使うのかが、わからないので、 だいたいの金額を渡します。このように現金が減る事はわかっているのにその目的がはっきりしない場合、仮払金(かりばらいきん)勘定という資産の勘定を使用します。

上記のケースでは、出張費で処理をしてもよさそうですが、渡した金額を全て出張で使うとは限りませんよね。 なので一時的に仮払金として処理をし、正しい金額が確定したときに出張費などに振り替えます。

仮払金勘定は現金を支払ったとき、金額が確定したときの2つのケースがあります。
それでは、取引と仕訳を見てみましょう。


お金を支払ったとき :

従業員の出張にあたり、旅費として現金60,000円を概算で渡した。

借   方 貸   方
(仮払金) 60,000 (現 金) 60,000


このような場合、仮払金勘定の借方に概算金額を記入します。この段階では、旅費にいくら使うかわからないからです。


金額が確定したとき :

従業員が出張から戻り、旅費の金額が70,000円であることがわかった。不足額は従業員へ現金で支払った。  

借   方 貸   方
(旅 費) 70,000 (仮払金) 60,000
(現 金) 10,000


この時、はじめて何にいくら使ったのかがわかったので、仮払金から旅費へ振り替えます。

ここでは、旅費が仮払金を超えてしまったケースを見てきました。仮払金の範囲内で納まった場合の取引も見てみましょう。

従業員が出張から戻り、旅費の金額が40,000円であることがわかった。残金20,000円は、現金で受け取った。

借   方貸   方
(旅 費)40,000(仮払金)60,000
(現 金)20,000

 

< 仮 受 金 >
仮払金勘定は、現金を支払ったとき、その理由や金額がわからない場合に使用しました。それとは反対に現金を受け取ったときに記入する勘定科目がわからない、金額が不確定といった場合は、仮受金(かりうけきん)勘定という負債の勘定を使用します。

仮受金勘定は、現金を受け取ったとき、金額が確定したときの2つのケースがあります。


現金を受け取ったとき :
出張中の社員から、当座預金に100,000円の振込があったが、その内容は不明である。

借   方 貸   方
(当座預金) 100,000 (仮受金) 100,000

現金を受け取ったが、この段階では受け取った100,000円の内容が不明なので仮受金勘定を使用します。


金額が確定したとき :

従業員が出張から戻り、当座預金に振り込まれた100,000円は商品の売上代金であることが判明した。

借   方 貸   方
(仮受金) 100,000 (売 上) 100,000

スポンサードリンク

2005年09月22日 09:57

コメント

簿記の勉強をしていてこのサイト覗かせていただきました。すごく分かりやすくてまた分からなくなりましたらこの際と除かせていただきます。小口現金の表の記入の仕方などもあれば幸いです。実際簿記3級を取得して転職などに有利なのでしょうか?資格を取得しても実践がなければ会社としては採用不可なのかなと色々考える事もありますが次回の試験で必ず合格したいと思います。

投稿者 koko : 2006年03月22日 18:59

koko 様

この度は、コメントを頂きまして誠にありがとうございます。

「すごく分かりやすい」というお言葉が、なによりも嬉しいです。
本当にありがとうございます。

>小口現金の表の記入の仕方などもあれば幸いです。

なるほど、そういったご意見は大変貴重なので、参考にさせて頂きます。
現在、本業が取り込んでいるため、すぐには作成ができないのですが、
必ず作成させて頂きます。

さて、転職に関してのご質問ですが、実践がなければ不採用になってしまうの
ではないかという不安は、とてもよく分かります。

確かに、経験重視の採用もありますが、未経験でも採用してくれる
企業はたくさんあります。

私も、2年前にIT企業に未経験で転職しました。

「転職は計画的に」のページでもお話させて頂きましたが、転職サイトや
人材紹介会社にいけば、そういった求人はたくさんあります。

また、未経験なりの自己アピールの仕方や、面接の仕方なども親身になって
教えてくれるので、本当に助かりました。

もし、koko様が不安だということでしたら、試験終了後に一度転職サイトや
人材紹介会社に相談をしてみてはいかがですか?

「無料で、そんなことまでしてくれるの」というくらい、色々とサポートしてくれますよ。

投稿者 管理人 : 2006年03月23日 12:21

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?