立替金・預り金

< 立 替 金 >
取引先、 役員、従業員などに対して一時的に金銭を立て替えたときは、あとで返してもらう権利が発生します。
このようなときに立替金勘定(資産の勘定) を使用します。

立替金勘定は、「1章 商品売買」の売上諸掛で一度出てきましたよね。 相手取引先が支払うべき発送費や支払運賃を当社が一時立て替えて支払った場合に使われた勘定科目です。

立替金の処理には、立替払いをした場合と立替金を返してもらった場合の2つのケースがあります。それぞれについて、 取引と仕訳を見てみましょう。

立替払いをしたとき :
立替払いをしたときは立替金勘定の借方(資産の増加)に記入します。

従業員に給料の前払いとして40,000円を現金で手渡した。

借   方 貸   方
(立替金) 40,000 (現 金) 40,000

※試験では、立替金勘定を従業員立替金という勘定で処理することもありますので注意してください。

立替金を回収したとき :
立替えた現金が戻ってきた場合には立替金勘定の貸方(資産の減少)に記入します。

給料日となり、給料250,000円のうち以前、 従業員に立替えていた40,000円を差し引いた210,000円を現金で支払った。

借   方 貸   方
(給 料) 250,000 (立替金) 40,000
(現 金) 210,000


< 預 り 金 >
企業は、 従業員に給料を支払うときに源泉徴収 (げんせんちょうしゅう)というのを行います。

源泉徴収とは、企業が従業員に給与等の支払いをするとき、1年間の収入を予想してあらかじめその所得税額を、 毎月の給料から差し引いて支払うことをいいます。
企業は、預かった所得税を従業員に代わって税務署に納めているのです。

給料をもらうたびに、毎月本人が納税するといった仕組みでは、わずらわしいですし、たいへんな作業ですよね。 そういった意味でも源泉徴収は便利な仕組みです。

少し話がそれてしまいましたが、簿記ではこの源泉徴収で従業員から預かったお金を預り金勘定(負債の勘定) で処理します。
※預り金勘定は、給料を支払う際の源泉徴収とからめて出題されますので注意してください。


azukarikin.gif

預り金の処理は、従業員からお金を預かった時と、預り金を返したときの2つのケースがあります。

お金を預かったとき :
従業員の代わりに所得税を、税務署に納める義務が生じるので、預り金勘定の貸方(負債の増加)に記入します。

従業員の給料170,000円から源泉所得税17,000円を差し引き153,000円を支払った。

借   方 貸   方
(給 料) 170,000 (預り金) 17,000
(現 金) 153,000

預り金を返したとき :
預り金を税務署に納めたときは、納める義務が消滅するため預り金勘定の借方(負債の減少) に記入します。

従業員に対する所得税17,000円を税務署に現金で納付した。

借   方 貸   方
(預り金) 17,000 (現 金) 17,000

スポンサードリンク

2005年09月22日 05:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?