未収金・未払金

< 未 収 金 >
1章で商品売買の学習をしましたが、企業は商品以外の物を売買することがあります。 商品以外の物とは建物備品土地などです。

商品以外の物を売って代金を後で受け取ることにした場合に生じる債権を未収金(みしゅうきん)勘定という資産の勘定で処理をします。

例えばあなたが、A社にコピー機を販売し代金を後で受け取ることになった場合は未収金勘定で処理をします。ここで間違いやすいのが、 仕訳をする際に未収金勘定ではなく売掛金勘定を使ってしまうことです。

売掛金も販売して後日代金を受け取るという取引でしたよね。
未収金と売掛金は販売して後日代金を受け取るという意味では一緒ですが、商品を販売して代金を後で受け取る場合は売掛金勘定で、 商品以外の物の取引は未収金勘定で処理をします。

商品売買から生じる債権 売掛金勘定
商品売買以外から生じる債権 未収金勘定

と覚えてください。

それでは、取引と仕訳を見ていきましょう。


販 売 時:
信濃商店は、備品を奥羽商店に20,000円で売上、代金は月末に受け取ることにした。

借   方 貸   方
(未 収 金) 20,000 (備  品) 20,000


ここで、「あれ?」と気づいた方は鋭いです。
貸方が売上勘定ではなく、備品勘定になっていますよね。備品や土地などの商品以外の物の売買は分記法を使って仕訳をします。

つぎに、未収金を回収したときの取引と仕訳を見てみましょう。

未収金の回収:
月末となり、かねて売却した備品の代金20,000円を現金で受け取った。

借   方 貸   方
(現  金) 20,000 (未 収 金) 20,000


未収金を回収したら未収金勘定が減少するので貸方に記入します。

< 未 払 金 >
商品以外の物を購入し、その代金を後で支払うことにしたときに生じる債務を未払金(みばらいきん) 勘定(負債の勘定)で処理をします。

未払金勘定も間違いやすいのが買掛金勘定で処理をしてしまうことです。
これも、未収金勘定のときと考え方は一緒で、商品を販売して代金を後で支払うことにした場合は買掛金勘定で処理をし、 商品以外の物の取引は未払金勘定で処理をします。

商品売買から生じる債務 買掛金勘定
商品売買以外から生じる債務 未払金勘定


それでは、未払金勘定を使用した取引と仕訳を見てみましょう。

購 入 時:
甲斐商店は、備品を購入し、代金3,000円は月末に支払うことにした。

借   方 貸   方
(備  品) 3,000 (未 払 金) 3,000


未払金の返済:

月末となり、かねて購入した備品の代金3,000円を現金で支払った。

借   方 貸   方
(未 払 金) 3,000 (現  金) 3,000


未収金と売掛金、未払金と買掛金これらの違いを理解してください。

スポンサードリンク

2005年09月16日 06:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?