貸付金・借入金

個人間のお金の貸し借りは日常生活で頻繁に行われているように、企業間の取引でも行われています。 企業はその時の資金状態によって取引先にお金を貸し付けることがあります。

お金を貸し付けると、後で返済してもらえる権利が生じます。このような債権は、貸付金勘定 (資産の勘定)を使用します。

それとは逆に資金状態があまりかんばしくない時は、取引先や銀行にお金を借りることもあります。 お金を借りたら返さなくてはいけません。このような債務は、借入金勘定(負債の勘定)を使用します。

通常、お金の貸し借りには利息(利子)がつきます。利息を受け取った場合は、受取利息勘定(収益の勘定)、 利息を支払った場合は支払利息勘定 (費用の勘定)を使用します。

それでは、お金を貸した側と借りた側それぞれの立場から取引と仕訳を見てみましょう。
お金を貸した側:山城商店
お金を借りた側:加賀商店

お金を貸した側 : 山城商店の場合
(1) お金を貸したとき
お金を貸したときには、後で返してもらえる権利が生じるので貸付金勘定の借方(資産の増加)に記入します。

山城商店は、現金20,000円を加賀商店に貸し付け借用証書を受け取った。

借   方 貸  方
(貸付金) 20,000 (現 金) 20,000


※借用証書とは、お金を借りる際の契約書のこと。金銭の貸し借りがあったことを明らかにするための証拠になります。

(2) 貸付金を回収したとき
お金を返してもらったら権利が消滅するので、貸付金勘定の貸方(資産の減少)に記入します。利息を受け取った場合は、受取利息勘定の貸方 (収益の発生)に記入します。

山城商店は、加賀商店から貸付金20,000円と3,000円の利息をあわせて現金で受け取った。

借  方 貸  方
(現 金) 23,000 (貸 付 金) 20,000
(受取利息) 3,000


お金を借りた側:加賀商店の場合
(1) お金を借りたとき
お金を借りたときは、後で返す債務が生じるので、借入金勘定の貸方(負債の増加)に記入します。

加賀商店は、山城商店から現金20,000円を借り入れ、借用証書を渡した。

借   方 貸  方
(現 金) 20,000 (借入金) 20,000

 

(2) 借入金を返済したとき
借りたお金を返したら債務が消滅するので、借入金勘定の借方(負債の減少)に記入します。利息を支払った場合は、支払利息勘定の借方 (費用の発生)に記入します。

借  方 貸  方
(借 入 金) 20,000 (現  金) 23,000
(支払利息) 3,000

 

< 手形貸付金・手形借入金 >
これまで、お金の貸し借りには借用証書が使われていましたが、 借用証書の代わりに約束手形を使用することもあります。

約束手形を使用することで支払期日が明確になりきちんと返済してくれるようになるというメリットがあります。

お金の貸し借りで手形を使用した場合は、手形貸付金(資産の勘定)、手形借入金勘定(負債の勘定)を使用します。

それでは、手形による貸し付けと借り入れの取引、仕訳を見てみましょう。

手形による貸付:
手形による貸付なので手形貸付金勘定の借方(資産の増加)に記入します。

山城商店は、加賀商店に現金20,000円を貸し付け、担保として手形を受け取った。

借   方 貸  方
(手形貸付金) 20,000 (現   金) 20,000


手形による借り入れ:
手形による借り入れなので、手形借入金勘定の貸方(負債の増加)に記入します。

加賀商店は、山城商店から20,000円を現金で借り入れ、手形を振り出した。

借   方 貸  方
(現   金) 20,000 (手形借入金) 20,000

スポンサードリンク

2005年09月14日 12:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?