練習問題(小口現金)

小口現金の学習お疲れさまでした。

ここでは、小口現金をより理解して頂くために、練習問題を用意しました。簿記は、習うより慣れろですので、何度も問題を解いて、 慣れてください。


次の取引について仕訳してください。

[POINT]
用度係に小切手を振り出して渡したときは、小口現金勘定の借方に記帳する。


(1) 定額資金前渡法(インプレストシステム)により、用度係に小切手20,000円を振り出して支払った。


(2) 用度係から次のような支払いの報告を受けた。交通費 500円 通信費3,000円雑費1,500円


(3) 用度係は小口現金から、タクシー代600円と新聞代3000円を支払った。


(4) 用度係から次のような支払いの報告を受けた。通信費1,200円 交通費3,000円


(5) 用度係に小切手5,000円を振り出して小口現金を補給した。


(6) 用度係から次のような支払いの報告を受けたので、直ちに小切手を振り出して小口現金を補給した。消耗品費4,000円 雑費2,300円

 

解答・解説は「小口現金 解答・ 解説」へ

2006年02月25日 06:14

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?