当座預金

預金には、普通預金定期預金当座預金など色々な種類の預金があります。
当座預金は、他の預金と違い無利息の預金で、お金を引き出すのに銀行から交付された小切手を使用します。

私は、小切手と聞くとアメリカの映画などで金持ちがさっそうと小切手に金額を書くシーンがとても印象に残っています。
私のイメージの中では、小切手 = お金持ち です。


しかし、アメリカでは日常生活で小切手がよく使われます。
スーパーマーケットや本屋などでも使われます。アメリカでは、小切手が経済の重要な位置をしめているんです。


<当座預金の流れ>
当座預金の開設から決済されるまので流れを見てみましょう。


A社は小切手を使用するために、まず取引銀行に当座預金の開設をしなければなりません。そして、 当座預金の開設が済むと取引銀行から小切手帳を受け取ります。


A社はB社と取引をし、小切手で支払いをしました。この時、A社を振出人、B社を受取人といいます。
小切手を受け取ったB社は小切手を換金するため取引銀行に小切手を持ち込みます。


B社の取引銀行は、A社の取引銀行に呈示(ていじ)し、現金を受け取ります。
そしてB社の取引銀行はB社へ小切手を現金化します。


これが当座預金の開設から決済までの流れになります。

※呈示とは、小切手を銀行に持ち込むことです。


< 当座預金の取引 >

当座預金の預け入れや引き出しには当座預金勘定を使用します。
それでは、当座預金に預け入れた時と当座預金を引き出した時の仕訳を見てみましょう。


当座預金に預け入れた場合:
現金を当座預金に預け入れた場合には、 当座預金勘定(資産の勘定)の借方(増加)に記入します。

銀行に当座預金口座を開設し現金300,000を預け入れた。

借   方 貸   方
(当座預金) 300,000    (現  金) 300,000


当座預金を引き出した場合:
小切手は通貨代用証券なので、 他人振出小切手を受け取った時は現金勘定で処理をしていました。また、 支払の際に別の取引先から受け取った他人振出小切手を使用した場合も現金勘定で処理をしていました。

例えば、

 商品3,000円を仕入れ、代金を前回の取引で受け取った甲斐商店振り出しの小切手で支払った。


この取引は、現金勘定で処理をします。 


それでは、自分で小切手を振り出した場合はどうでしょう?
この場合は、自分の当座預金から引き出して支払うということなので、資産の減少つまり当座預金勘定の貸方(減少)に記入します。


では、実際の取引を仕訳してみましょう。

商品3,000円を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。

借   方 貸   方
(仕  入) 3,000   (当座預金) 3,000


小切手で支払った時の勘定が現金なのか当座預金なのかちょっとややこしいですけど、
 ・他人が振り出した小切手を支払いの際に使った → 現金勘定の減少
 
・自分が振り出した小切手を支払いの際に使った → 当座預金勘定の減少


この違いさえ理解してしまえばそれほど難しくはないと思います。

スポンサードリンク

2006年02月13日 06:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?