売上諸掛

あなたが商品を販売する立場になったつもりで考えてみてください。
商品を販売するお客さんが北海道にお店をもっており、あなたが鹿児島にお店をもっていたとします。 そうすると商品をお客さんの元へ届けるために発送費や運賃、保険料がかかりますよね。

このように商品の販売時にかかる費用を売上諸掛といいます。 売上諸掛にも当社負担先方負担の2種類のケースがあります。


それでは、当社負担と先方負担それぞれのケースについて見ていきましょう。

当社が運賃や保険料を負担した場合は、発送費勘定(費用の勘定)または、支払運賃勘定(費用の勘定)を使用して仕訳を行います。

常陸商店へ商品10,000円を掛で売り上げ、この時にかかった発送運賃700円を当社が現金で支払った。


今回の取引では当社が発送費を負担したので発送費勘定または、支払運賃勘定を使用します。

発送費と支払運賃勘定はどちらを使用すれば良いのか? と疑問をもたれる方もいらっしゃると思いますが実際の試験問題では勘定科目が指定されています (発送費勘定を使用しなさいみたいな感じです)。その指示に従ってください。


当ホームページでは発送費勘定を使用していきます。


それでは、仕訳を見てみましょう。

借   方 貸  方
(売掛金) 10,000 (売 上) 10,000
(発送費) 700 (現 金) 700


次に先方負担の売上諸掛を学習しましょう。


当社負担の場合は、発送費(又は支払運賃)勘定を使用しましたが、先方負担の場合には立替金勘定(資産の勘定)または売掛金勘定(資産の勘定)を使用します。
立替金勘定は仕入諸掛でも使用しましたよね。考え方は同じです。


それでは、取引を見てみましょう。


当社は商品4,000円を掛で売り上げ、この時に先方負担の発送運賃300円を立替払いした。

借   方 貸  方
(売掛金) 4,000 (売 上) 4,000
(立替金) 300 (現 金) 300



立替金勘定の使用については、仕入諸掛の時と同じですよね。
それでは、次に立替金勘定を使用せず売掛金勘定のみを使用した仕訳を見てみましょう。取引は上記のものを使用します。

借   方 貸  方
(売掛金) 4,300 (売 上) 4,000
(現 金) 300


仕入の時は、買掛金から相殺していましたが今回は、売掛金に足された形になっています。
売掛金は後日代金を請求できる権利のことなので、立替え金額も売掛金の代金を受け取る時に一緒に受け取ってしまおうという考え方ですね。


最後に売上諸掛のまとめとして、自己負担と他人負担で使用する勘定科目を表にしてみました。

   自己負担 先方負担
売 上 諸 掛 発送費勘定または
支払運賃勘定で処理する
立替金勘定または
売掛金勘定で処理する

 

スポンサードリンク

2005年09月13日 05:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?