値引と返品

このページで、商品売買の学習は最後になります。
あと、少しですのでがんばってください。

商品売買では、仕入れた商品に傷がついていたり汚れていたりすることがあります。
その場合、仕入先に商品を返品したり値引きしてもらったりします。

あなたも商品を購入したときに同じような経験をしたことがありませんか?
返品や値引は日常でも行なわれていますが、簿記上でもほとんど同じ意味です。
補足のため返品と値引の意味を説明します。


返 品
返品とは、仕入れた商品に傷、品違い、 汚れなどがあった際に仕入先に商品を送り返すことをいいます。
また、販売した商品に傷や汚れがあって送り返された場合も返品になります。


値 引
値引とは、仕入れた商品に品質不良、汚れ、 傷などがあった際に商品を返してしまうのではなく値段をまけてもらうことをいいます。
販売した商品に品質不良や汚れがあった際に、値段をまけて販売した場合も値引になります。


< 仕入れ時の返品と値引の仕訳>
まずは商品を仕入れた時の返品と値引を仕訳で見てみましょう。

三河商店から商品4,000円を掛で仕入れた。

借  方 貸  方
(仕 入) 4,000   (買掛金) 4,000


ここからが、値引と返品の仕訳になります。

上記、仕入れた商品に傷があったので1,000円分を返品した。


この場合の仕訳は、どうなるのでしょうか?
返品をした際は、仕入れた取引を取り消します。
取り消すといっても、仕訳に線を引いたり消しゴムで消したりするのではなく「逆仕訳」を行います。

借  方 貸  方
(買掛金) 1,000   (仕 入) 1,000


逆仕訳とは、最初に行った仕訳と借方、貸方の勘定を逆に記入することです。
買掛金と仕入の位置が逆になってますよね。
こうすることで、商品1,000円を返品したことになります。


今度は、値引を見てみましょう。仕入れの仕訳は上記のものを使用します。
値引の場合も、逆仕訳を行います。

三河商店から仕入れた商品が汚れていたため、500円の値引を受けた。

借  方 貸  方
(買掛金) 500   (仕 入) 500



< 販売時の返品と値引の仕訳 >

今度は、商品販売時の返品と値引をみてみましょう。


信濃商店に商品を3,500円で売り上げ、代金は掛とした。

借  方 貸  方
(売掛金) 3,500   (売 上) 3,500


上記商品には傷があり、1,000円分を返品された。

借  方 貸  方
(売 上) 1,000   (売掛金) 1,000



上記商品には汚れがあり、代金700円の値引をした。

借  方 貸  方
(売 上) 700   (売掛金) 700

販売時でも返品、値引の考え方は変わりません。
返品、値引は逆仕訳をする」 ということを覚えておいてください。


これで「1章 商品売買」の学習は終了です。
最初の分記法と三分法が多少理解しづらかったかもしれませんが、諸掛と返品・値引は理解しやすかったのではないでしょうか?


ちょっとまだ理解しきれていないという方は、もう一度戻って学習してもかまいません。
納得した上で「2章 現金・預金」に進んでください。


おつかれさまでした。

 

スポンサードリンク

2005年09月15日 05:32

コメント

三河商店から仕入れた商品が汚れていたため、500円の値引を受けた。

借方 (買掛金) 1,000
貸方 (仕 入) 1,000

とありますが、

借方 (買掛金) 500
貸方 (仕 入) 500

じゃないんでしょうか?
間違ってたらごめんなさい。

投稿者 ボーキサイト : 2006年05月30日 16:30

ボーキサイト様

度々のご指摘誠にありがとうございます。
ボーキサイト様がおっしゃる通り

借方 (買掛金) 1,000
貸方 (仕 入) 1,000

は、

借方 (買掛金) 500
貸方 (仕 入) 500

ですので修正いたしました。

単純なケアレスミスが多いことに反省しております。

ボーキサイト様のご指摘のお陰で、「わかりやすい簿記」の質が高まってきました。

本当にありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

マサヒコ


投稿者 管理人 : 2006年06月01日 05:30

修正されていませんが。。

投稿者 : 2006年06月07日 00:45

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?