掛取引(かけとりひき)について

企業やお店同士の取引で支払いに必ず現金が使われるとは限りません。
企業間の取引は、1日に何十回、何百回も行われます。その度に現金を支払うのは面倒ですし、 現金の管理などの事務コストもかかってしまいます。

それに大企業ともなると、取引の金額が億単位になることもあるでしょう。その度にその現金を用意するのは現実的ではないですよね。

そういった場合に行われるのが、掛取引(かけとりひき) です。
掛取引とは、代金の支払いや回収を商品の購入時や販売時ではなく、一定期間たってから行う取引のことです。(一般的には、「ツケ」 とも言われます)


商品購入時に代金を支払わず掛取引とした場合、後日代金を支払わなくてはいけません。この支払う義務(債務) の事を買掛金(負債の勘定)といいます。

商品販売時に代金を受け取っておらず掛取引とした場合、後日代金を請求できる権利(債権)を得ます。この権利(債権) を売掛金 資産の勘定)といいます。

債権とは、 貸したお金を返してもらう権利のこと。
債務とは、 借りたお金を返さなければならない義務のこと。

ここで、2つの商店の掛取引を見ていきたいと思います。
売り手 : 尾張商店
買い手: 越後商店 


< 買掛金:越後商店から見た取引 >
越後商店は、 尾張商店から商品4,000円を仕入れ代金は掛とした。


商品を掛で仕入れた場合は、仕入れた金額を仕入勘定の借方に記入し、相手勘定科目は買掛金(負債の勘定)を記入します。

借   方 貸   方
(仕 入) 4,000   (買掛金) 4,000


掛取引を行った場合は、決められた期日に代金を支払わなければいけません。
次は、買掛金を支払う取引を見てみましょう。


< 買掛金の支払い:越後商店から見た取引 >

越後商店は、買掛金4,000円を現金で支払った。

買掛金を支払う場合は、買掛金が減少(負債の減少)するので借方に記入します。

借  方 貸  方
(買掛金) 4,000    (現 金) 4,000


< 売掛金:尾張商店から見た取引 >
尾張商店は、越後商店に商品4,000円を販売し、 代金は掛とした。


商品を掛で販売した場合は、売上金額を売上勘定の貸方に記入し、相手勘定科目は売掛金(資産の勘定)に記入します。

借 方 貸  方
(売掛金) 4,000   (売 上) 4,000



< 売掛金を回収:尾張商店から見た取引 >

尾張商店は、越後商店から売掛金4,000円を現金で回収した。


売掛金は、回収すれば減少するので売掛金勘定の貸方に記入します。

借 方 貸  方
(現 金) 4,000   (売掛金) 4,000

スポンサードリンク

2005年09月05日 05:58

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?