諸掛(しょがかり)

商品売買の学習もいよいよ後半に突入です。
このページでは諸掛(しょがかり) を学習します。諸掛ってあまり聞きなれない言葉ですよね。

諸掛とは、商品売買の際にかかる発送運賃や運送費、 関税などの費用のことをいいます。


 

商品を仕入れる時にかかる費用を仕入諸掛といい、 商品を売り上げた時にかかる費用を売上諸掛といいます。


この諸掛は、どちらが払うのかによって仕訳の方法が変わってきます。
「どちらが支払うのか」というのは、当社が支払うのか(当社負担)、相手が支払うのか(先方負担)ということです。


仕入れの際にかかった運送費や運賃を、当社が支払った場合は仕入勘定に含めてしまいます。
どういう事かというと、例えば九州の薩摩商店から500円で商品を仕入れました。 その際に発送費が200円かかったので当社が支払ったとします。


この場合、商品の値段は500円ですが発送費も商品の値段(仕入原価)に含めてしまいます。
よって仕入原価は

   500円   +  200円 =  700円
商品購入代価 + 発送
費 = 仕入原価


となります。


なぜ、発送費を仕入原価に含めてしまうのでしょうか?
それは、発送費は商品を手に入れるためになくてはならない費用だからです。
こうした費用は、毎回の取引で発生する費用なのでいちいち区別してたら面倒ですし、あまり意味もないということで仕入勘定に含めています。


それでは、次の取引を仕訳してみましょう。
甲斐商店から商品10,000円を仕入れ、代金は掛けとした。なお、発送運賃700円は現金で支払った。


   借   方             貸   方
(仕  入) 10,700 (買掛金) 10,000
             (現  金)     700


発送運賃が仕入勘定に含まれているのが、分かりますね。


先ほどまでは、仕入諸掛を当社で支払うケースを学習してきましたが、次は先方が支払うケースを見ていきましょう。


仕入諸掛を先方が負担した場合は、立替金勘定(資産の勘定)か買掛金勘定を使用して処理します。
立替金勘定は、読んで字のごとく一時的に金銭を立て替えた時に使われる勘定科目のことです。


例えば、運送費は先方が支払う約束になっている場合に先方から「後で支払いますのでこの場は、代わりに運送費を支払っといてもらえませんか? 」
といった具合に、先方負担分を一時的に当社が支払うことです。


それでは、具体的な取引を見ていきましょう。


江戸商店から商品3,000円を仕入れ、代金は掛とした。また、発送運賃500円を現金で立替え払いをした。


   借   方       貸   方
(仕 入) 3,000  (買掛金) 3,000
(立替金)  500  (現 金)   500


もう一つのケース、買掛金を使用して処理をする仕訳を見てみましょう。
取引は上記の取引を使用します。


借   方   貸   方
(仕 入)  3,000   (買掛金) 2,500
(現 金) 500



今回のケースでは、買掛金の金額が減少していることに注目してください。買掛金は、 既に説明しましたがお金を支払う義務の事をいいます。


本来ならば、買掛金の金額は3,000円になるのですが500円を立て替え払いをしたので、 その金額を差し引いた2,500円が買掛金になります。
つまり、立替金を買掛金で相殺してしまうということです。

スポンサードリンク

2005年09月11日 05:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

はじめまして。いつも市販の参考書と平行して拝見させていただいています。
諸掛で「当店負担の仕入諸掛のケース」、「相手負担の仕入諸掛でも当店が立て替えるケース」、というのがあれば「当店負担の仕入諸掛でも相手が立て替えてくれるケース」と「相手負担の仕入諸掛ケース」というケースもあるのでしょうか?
同様に「当店負担の売上諸掛でも相手が立て替えてくれるケース」と「相手負担の売上諸掛のケース」というのもあるのでしょうか?

投稿者 ジュン : 2006年09月01日 01:27

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?