約束手形 解答・解説

練習問題(約束手形)の解答と解説になります。


■ 解  答

(1) 越前商店から商品30,000円を仕入れ、代金として約束手形30,000円を振り出して支払った。

借    方   貸    方
(仕  入) 30,000    (支払手形)   30,000

 

 

(2) 上野商店は、得意先大和商店に商品を24,000円で販売し、代金は同店振り出し、 上野商店を名宛人とする約束手形24,000円で受け取った。

借    方   貸    方
(受取手形) 24,000    (売  上)   24,000

 

 

(3) 当店は、かねて取立てを依頼していた得意先大和商店振り出しの約束手形24,000円が満期日となり、 当座預金に入金した旨の通知を、常陸銀行から受けた。

借    方   貸    方
(当座預金) 24,000    (受取手形)   24,000

 

 

(4) 仕入先加賀商店から商品40,000円を仕入れ、代金40,000円のうち10,000円は現金で支払い、 残りは加賀商店宛の約束手形30,000円を振り出して支払った。

借   方   貸   方
(仕  入) 40,000    (現   金) 10,000  
(支払手形) 30,000 

 

 

(5) 本日、仕入先加賀商店宛に振り出した約束手形30,000円が満期日になり、常陸銀行から当座預金から引き落とされた。

借    方   貸    方
(支払手形) 30,000    (当座預金)   30,000

 

 

■ 解  説

(1) 約束手形を振り出したときは、手形代金を支払う義務が発生するので、支払手形勘定の貸方に記帳します。

(2) 約束手形を受け取ったときは、手形代金を受け取る権利が発生するので、受取手形勘定の借方に記帳します。

(3) 以前、受け取った約束手形が満期日をむかえたときは、手形代金を受け取ることになります。それによって、 手形代金を受け取る権利はなくなるので、受取手形勘定の貸方に記帳します。

(4) 仕入代金の支払を約束手形と現金で行った場合は、支払手形勘定と現金勘定の貸方に記帳します。

(5) 振り出した約束手形が、満期日をむかえた場合は手形代金を支払うことで、手形代金を支払う権利は消滅しますので、 支払手形勘定の貸方に記帳します。

スポンサードリンク

2005年08月07日 06:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?