諸掛 解答・解説

練習問題(諸掛)の解答・解説になります。

■ 解 答


(1) 駿河商店から商品20,000円を仕入れ、代金は掛けとした。なお、 引取運賃2,000円は現金で支払った。   

借   方 貸   方
(仕  入) 22,000 (買 掛 金) 20,000
(現  金) 2,000



(2) 摂津商店から商品35,000円を仕入れ、代金は掛けとした。その際、引取運賃5,000円は現金で支払った。

借   方 貸   方
(仕  入) 40,000 (買 掛 金) 35,000
(現  金) 5,000



(3) 常陸商店から商品4,000円を仕入れ、代金は掛けとした。なお、引取費用500円を現金で立替え払いした。 

借   方 貸   方
(仕  入) 4,000 (買 掛 金) 4,000
(立 替 金) 500 (現  金)   500

 


(4) 陸奥商店から商品15,000円を掛けで仕入れ、 仕入先である伊勢商店負担の引取運賃2,000円を現金で立替払いした。   

借   方 貸   方
(仕  入) 15,000 (買 掛 金) 15,000
(立 替 金) 2,000 (現  金)   2,000

 


(5)  陸奥商店から商品15,000円を掛けで仕入れ、 仕入先である伊勢商店負担の引取運賃2,000円を現金で立替払いした。(立替金勘定を使用しないで仕訳をする。) 

借   方 貸   方
(仕  入) 15,000 (買 掛 金) 13,000
(現  金) 2,000

 

 

■ 解 説

(3)、(4)は、相手方の諸掛を立て替えているので、立替金勘定を使用して仕訳をします。

(5)は、相手方の諸掛を立て替えていますが、立替金勘定を使用しないで仕訳をしなければいけないため、 買掛金勘定と立替金勘定を相殺して記入します。

これは、同じ仕入先に対し、立替金という現金を受け取る義務と買掛金という現金を支払う義務が発生するため、 帳消しにしてしまうという考え方になります。

スポンサードリンク

2005年07月30日 16:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?