掛け取引について 解答・解説

練習問題(掛け取引について)の解答・解説になります。


■ 解 答


(1) 紀伊商店は、伊賀商店から商品17,000円を仕入れ、代金は掛とした。 

借    方   貸    方
(仕  入) 17,000    (買 掛 金)   17,000

 





(2) 山城商店から商品20,000円を購入し、代金のうち15000円は現金で支払い、残額は掛けとした。

借   方   貸   方
(仕  入) 20,000    (現  金) 15,000  
(買 掛 金)    5,000 

 




(3) 越後商店に買掛金4,000円を現金で支払った。 

借    方   貸    方
(買 掛 金) 4,000    (現  金)   4,000

 




(4) 越前商店へ商品5,000円(100個 @50円)を販売し、代金は掛けとした。 

借    方   貸    方
(売 掛 金) 5,000    (売  上)   5,000

 




(5) 佐渡商店へ6,000円の商品を販売し、代金のうち4,000円は現金で受け取り、残りは掛けとした。

借   方 貸  方
(現  金) 4,000 (売  上) 6,000
(売 掛 金) 2,000

 

 


(6) 越前商店から売掛金5000円を現金で回収した。

借    方   貸    方
(現  金) 5,000    (売 掛 金)   5,000

 

 

■ 解 説

買掛金を支払ったときや売掛金を回収した時は、それぞれの値が減少するので、買掛金は貸方に、売掛金は借方に仕訳する。

スポンサードリンク

2005年07月30日 16:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?