出金伝票と振替伝票

前のページでは、伝票についての説明と入金伝票について学習しました。

このページでは残り2つの出金伝票と振替伝票の起票について学習します。


出金伝票の起票
出金伝票とは、出金取引を起票する伝票です。出金取引とは、現金の出金に関する取引のことで、貸方の勘定科目が現金になる取引のことです。

(例)

借   方   貸   方
(買掛金) 1,000   (現 金) 1,000

         や

借   方   貸   方
(仕 入) 2,400   (現 金) 2,400

         など


出金伝票の起票方法ですが、出金伝票の場合、貸方は現金と決まっていますので、借方科目だけを伝票に記入すればよいことになります。





それでは、具体的な取引を出金伝票に起票してみましょう。


7月4日 岐阜商店は、尾張商店から商品3,000円を仕入れ、代金は現金で支払った。


仕訳は次のようになります。

借   方   貸   方
(仕 入) 3,000   (現 金) 3,000

 



出金伝票ですので、科目欄には、取引の借方科目である仕入を記入します。現金の勘定科目は記入しませんので注意してください。

 

振替伝票の起票

振替伝票とは、入金・出金取引以外の取引を起票する伝票です。入金伝票の場合は借方の勘定科目が、 出金伝票の場合は貸方の勘定科目が現金で限定されていましたから、伝票には相手勘定科目を記入すれば良かったのですが、振替伝票の場合は、 借方と貸方の勘定科目が限定されていないため、借方と貸方、両方の勘定科目を記入する必要があります。

(例)入金・出金取引以外の取引

借   方   貸   方
(売掛金) 3,000   (売 上) 3,000

         や 

借   方   貸   方
(仕 入) 3,300   (買掛金) 3,300

         など


振替伝票の起票方法は、借方科目と貸方科目の両方を起票します。


それでは、具体的な取引を振替伝票に起票してみましょう。

7月5日 甲斐商店は、仕入先である美濃商店から商品4,500円を仕入れ、その代金は掛けとした。


仕訳は次のようになります。

 

借   方   貸   方
(仕 入) 4,500   (買掛金) 4,500

 



振替伝票ですので、借方科目と貸方科目に勘定科目を記入します。

スポンサードリンク

2006年07月05日 05:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?