簿記検定とは

規模や業種、業態に関係なく、全ての会社は商法等のルールにそって帳簿をつけ、財務諸表等を作成します。
さらにその帳簿や財務諸表の数字を読み取る能力も必要になります。

簿記検定は、この帳簿を正しく記入する、あるいは帳簿の数字を読み取る能力を客観的に評価するために設けられた試験制度です。

< 簿記検定の種類 >
簿記検定には、 3つの種類があります。
それぞれ主催団体が違います。

日本商工会議所主催    日商簿記検定
全国経理学校協会主催    全経簿記検定
全国商業高等学校協会主催    全商簿記検定


一般的に簿記検定というと日商簿記検定を指します。
全商簿記検定と全経簿記検定は、ほぼ同じレベルですが、日商簿記検定になると1つ上の級ぐらいの難易度になります。

全商簿記検定の2級は、日商簿記検定の3級程度のレベルとも言われています。
当サイトは、日商簿記検定を対象としています。

全経簿記検定、全商簿記検定についてはそれぞれのホームページで確認してみてください。

全経簿記検定のホームページ:http://www.zenkei.or.jp/index2.html
全商簿記検定のホームページ:http://www.zensho.or.jp/

スポンサードリンク

2005年08月31日 13:00

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?