簿記の学習には年齢は関係ない

先日は、簿記の学習には、年齢はあまり関係ないということを改めて知ることになりました。

それは、日本商工会議所に掲載されていた次の記事を見たことが原因です。

第112回簿記検定試験3級試験に小学生が見事合格

--------------------------------------------------------------------------

2月26日施行した第112回簿記検定試験3級で、高松市栗林小学校のMくん(12歳)が合格しました。 小学生が受験する例も珍しいところですが、見事、合格となりました。

 「6年生になってから『公認会計士』を目指したいと思うようになり、そのためには簿記が必要と知って勉強を始めた」というMくんは、 「はじめは問題を見てもまったく意味がわからなかったが、初めての受験で合格できてうれしい」と合格を素直に喜んでいます。

 Mくんは、この4月から市内の中学校に進学し、2級の試験にも挑戦するとのこと。将来の夢である「公認会計士」 という目標に向けて勉強を進めているとのことです。

--------------------------------------------------------------------------

小学生でも、しっかりと学習をしていれば簿記は身につくということをMくんは教えてくれたんですね。

「はじめは問題を見てもまったく意味がわからなかった」


というのは、誰も共通していることだと思います。そういった状況のときに、それでも簿記の勉強を続けることができるかどうかが、 合格のポイントになると思います。

簿記の試験をこれから受ける方は、この小学生に負けないようにしっかりと目標をもって簿記の試験に取り組んで頂ければと思います。

スポンサードリンク

2007年01月04日 08:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントはこちらからどうぞ




保存しますか?